福岡市の老夫婦殺害事件から19年 遺族らが情報提供へチラシ配布

西日本新聞 ふくおか都市圏版 古川 大二

 福岡市東区若宮5丁目で2001年に夫婦が殺害された事件から19年となるのを前に、次女の藤堂早苗さん(64)=千葉県松戸市=や福岡東署員らが14日夕、同区のJR千早駅で情報提供を求めるチラシ1500枚を配った。

 事件は同年2月26日、藤堂さんの両親の金丸金次郎さん=当時(81)=と妻愛子さん=同(73)=が殺害されているのを、自宅を訪れた近隣住民が見つけて発覚。司法解剖の結果、同17日夜ごろに首を絞められるなどして殺害されたとみられ、県警は強盗殺人の疑いで捜査を続けている。

 署によると、昨年は事件に関する情報が2件寄せられたが、有力な手掛かりはないという。藤堂さんは「どんなささいなことでも情報を寄せて。犯人には、遺族は諦めてないということを伝えたい」と訴えた。

 犯人逮捕に結びつく情報提供者への私的懸賞金は200万円。福岡東署=092(643)0110。(古川大二)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ