『西日本鉄道殺人事件』 西村京太郎 著 (新潮社・913円)

西日本新聞 文化面

 トラベルミステリーの第一人者として知られる著者の新作の舞台は、何と西鉄天神大牟田線。通勤路線の印象が強いだけに意外な選択だが、かつての西鉄ライオンズの熱烈なファンだった91歳の元社長が、福岡から大牟田に向かう特急内で殺されたところから物語は動きだす。元社長が目指した旅の目的地はどこで、黄金期のライオンズと結ぶ線は何なのか-おなじみ、警視庁の十津川警部も登場。てんこ盛り、やや強引な展開にハラハラドキドキさせられる。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ