『太陽を灼いた青年』 井本元義 著 (書肆侃侃房・1760円)

西日本新聞 文化面

 フランスの天才詩人アルチュール・ランボー(1854~91)に憑かれ、その奔放で数奇な人生を追った旅の記録。生地のシャルルビル、パリ、マルセイユなどを訪ね、ゆかりのホテルに泊まり、カフェや路地をめぐり、詩や手紙の言葉を深く反芻する。その様子はガイド本の域を超えて、副題の「アルチュール・ランボーと旅して」もむべなるかなと思わせる。カラー図版多数。著者は福岡市の詩人。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ