筑後の恋グルメを食べ歩こう 市内22店が独自メニュー

西日本新聞 筑後版 丹村 智子

 恋命(こいのみこと)を祭神とする恋木(こいのき)神社がある福岡県筑後市で、飲食店などが考案した「恋」にちなんだ料理やスイーツを食べ歩くスタンプラリー「恋グル PASS」が始まり、22店がオリジナルメニューや特典を用意している。ラリー期間は来年2月7日まで。スタンプを集めると地元の特産品などがもらえる。

 「恋グル」は「恋のくに筑後」として観光PRする市の企画の一環で、2012年度に始まり4回目。スタンプ台紙つきガイドブックは、参加店や市役所総合窓口、市観光案内所、観光協会で無料配布している。

 初参加の九州大谷短期大・学生食堂は、ハート形の目玉焼きを乗せた「黄身も恋する5秒前。ローストビーフ丼」(500円)を出す。メニューを考案した学生の一人で表現学科の佐藤英一郎さん(19)は「値段以上の本格派の味です」と自信たっぷり。4月から、毎月9のつく日のみ提供する。

 他のメニューは「ずっとかわらずあなたのそばに 恋そば」「船小屋恋牛のステーキライス」「ハートを甘~くとかす筑後梨とマシュマロのドルチェピッツア」「濃恋茶(こいこいちゃ)パンケーキ」「恋のガパオライス」「恋〓パフェ」「恋木まんじゅう」「はね丸・恋木ダックワーズ」など。

 問い合わせは市商工観光課=0942(65)7024。 (丹村智子)

※〓はハートマーク

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ