マスク姿で力走や声援 北九州、熊本で感染警戒の市民マラソン

西日本新聞 社会面 白波 宏野 長田 健吾

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、北九州市や熊本市で16日、1万人以上が参加する市民マラソンがあった。両市の大会では実行委員会の要請を受け、中国在住の参加希望者計17人のうち15人が出場を自粛。大会スタッフや沿道の観客にもマスク姿が目立った。

 観光名所などを巡る「北九州マラソン2020」(北九州市)には、国内外から1万2031人が参加。中国在住の参加希望者7人のうち、6人が参加を見送った。エントリー後の昨年秋から市内で暮らす1人が出場した。

 実行委によると、恒例のゲストランナーとのハイタッチは自粛を要請。救護やボランティアのスタッフは全員マスクを着用した。救護所の女性スタッフは「アルコール消毒をこまめにするよう心掛けた」と話した。

 「熊本城マラソン2020」(熊本市)には1万4110人が参加。実行委は受付で参加者全員にマスクを配布し、雨の中、マスク姿で走りだすランナーもいた。スタッフは全員がマスクを着け、熊本県PRキャラクター「くまモン」とランナーとのハイタッチも取りやめた。実行委によると、中国在住者10人(中国籍7人、日本国籍3人)に対して参加自粛を求める英文メールを10日に送付し、このうち日本国籍の1人が出場した。

 出走前に準備運動をしていた熊本市西区の男性会社員(29)は「雨でぬれると苦しくなるから、マスクはしない。コロナウイルスのことはあまり気にしていない」。マスク姿で沿道から声援を送った同市中央区の長尾清孝さん(40)は「熊本で一番多くの人が集まるイベントなので感染に気をつけようと思った」と話した。 (白波宏野、長田健吾)

低体温症か搬送37件、熊本城マラソン

 熊本城マラソンの実行委員会は16日の大会終了後、救急搬送が38件あり、うち37件が低体温症とみられると発表した。40代の男性1人が重篤な状態という。

 実行委によると、フルマラソンがスタートした午前9時の気温は17度で、雨の影響もあり、午後のフィニッシュ時には11度まで冷え込んだ。フルマラソンの完走率は83・3%(前年は94・02%)。救急搬送は昨年が5件、2018年は9件だった。

 実行委は「気温と風の影響で、多くの人がリタイアした可能性がある」としている。 (長田健吾)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ