怡土城の守り固める土塁2キロ 古代山城の“完成形”か 糸島市

西日本新聞 ふくおか都市圏版 竹森 太一

 糸島市と福岡市の境、高祖山(たかすやま)(416メートル)の西側では、かつて全長2キロに及ぶ土塁が築かれたことが今も確認できる。奈良時代の山城である怡土(いと)城の守りを固めたものだ。糸島市教育委員会によるこの冬の発掘調査では、土塁の内側から外側に水を流す「通水施設」とみられる遺構が見つかった。広大な山城は、どのようにして築かれたのだろうか。

 史書「続日本紀」によると、築城工事の着手は天平勝宝8(756)年。奈良時代、遣唐使として唐に渡った吉備真備(きびのまきび)が工事を先導。12年余の歳月をかけて完成した。城跡は1938年に国史跡に指定された。

 市教委によると、城の面積は280ヘクタール。土塁は元の地形を削り出して形を整えたものや、基礎工事を行った上部に盛り土したものなど、複数の工法で構築されている。怡土城が築かれた時期は朝鮮半島の新羅と日本との関係が悪化し、緊張が高まっていた時期。外交の最前線だった大宰府と朝鮮半島を結ぶルート上の高祖山に城が築かれたとの見方があるという。

 城跡そば、県道沿いの「高来寺バス停」から北に30メートルほど歩くと、望楼跡とされる場所を巡ることができる遊歩道入り口があった。5分ほどで礎石が確認できる第5望楼跡。尾根を目指す形でさらに1キロほど進むと、第4、第3、第2望楼跡にたどり着く。

 高祖山の尾根は博多湾から糸島半島を見渡すことができ、敵を見張るにはまさに適地だったことがうかがえた。

 怡土城は、裾野の土塁の崩壊を防ぐため、山から下ってくる水の処理が大きな課題だったようだ。4、5カ所の水門の存在が指摘されているが、具体的な姿は分かっていないという。

 今回の発掘調査は、大雨の際に水が噴き出る穴が地表にあった大門地区で実施。土塁の地下部分で、石と石の隙間を水が流れる「通水施設」とみられる遺構の発見につながった。

 国内の古代山城は、百済の技術を活用して7世紀に築城された大野城(福岡県宇美町ほか)や基肄(きい)城(佐賀県基山町ほか)といった日本書紀などに記録が残る「朝鮮式山城」が存在する。怡土城の築城はその100年ほど後。城域を山頂から山裾までの斜面全体に設定するなど、真備が唐で学んだ最新の技術を駆使したと考えられている。

 市教委文化課の平尾和久さん(44)は「中国式と称される8世紀築城の怡土城が古代山城の“完成形”とみる研究者もいる。重要な地域の遺産で、世代を超えた調査、保存が必要です」と話す。 (竹森太一)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ