筑豊地区、平野部でも積雪 路面凍結で事故相次ぐ

西日本新聞 筑豊版 福田 直正 大塚 壮

 強い寒気が流れ込み、福岡県筑豊地区は18日、平野部でも雪が積もった。福岡管区気象台によると、最低気温は添田町で氷点下1・4度、飯塚市で同0・4度まで下がり、同市では午前6時に2センチの積雪を観測した。路面の凍結により、直方市では事故が相次いだ。

 直方署によると、18日午前6時すぎ、直方市頓野の国道200号バイパスで、軽トラックと軽乗用車がそれぞれスリップし、中央分離帯に衝突。事故の影響で渋滞が発生し、同6時半ごろ、車3台が絡む事故が起きた。いずれもけが人はなかった。

 同気象台によると、19日の筑豊地区は最低気温が氷点下2度まで下がると予想されるところもあり、担当者は「路面凍結の可能性がある」と注意を呼びかけている。 (福田直正、大塚壮)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ