歩数や健診でポイント 福岡県、健康アプリを無料配信

西日本新聞 九州+ 前田 倫之

 楽しみながら健康づくりに取り組める「ふくおか健康ポイントアプリ」を福岡県が開発し、今月から無料配信を始めた。歩数や健診の受診に応じてたまったポイントで景品が当たるほか、地域や職場のグループを設定し、ランキング形式で歩数を競うこともできる。県健康増進課は「アプリで日頃から健康を意識した生活を送ってもらえれば」と呼びかけている。

 アプリは、計測した歩数と目標数との比較や、距離、消費カロリーが一目で分かる。体重や血圧、食生活を記録でき、過去の取り組みも一覧で表示する。

 1日当たりのポイントは、アプリを開いてボタンを押せばランダムで1~10ポイント、歩数千歩ごとに5ポイント(上限50ポイント)、体重や血圧などを記録するごとに1~5ポイント(同30ポイント)。がん検診などの受診1回で500ポイント、健康教室に参加してQRコードを読み込めば1回400ポイントなど。3月15日までに千ポイントためれば、抽選で博多和牛や電動歯ブラシなどが計80人に当たる。

 県によると県民1人当たりの医療費は38万2700円(2017年度)と、都道府県で12番目に高い水準。県を挙げて医療費の抑制につなげることを念頭に、市町村がこのアプリを独自に活用できる「全国的にも珍しい」(同課)共通の仕様とした。自治体ごとに抽選を行ったり、それぞれ健康イベントを周知したりでき、4月以降、県内約10市町が活用する見込み。

 今月5日の配信開始から1週間で約1800人が登録し、県は年内に10万人の登録を目指す。アプリは「App Store」と「Google Play」からダウンロード可能。同課=092(643)3269。(前田倫之)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ