軽便鉄道、基地の街の礎に 戦争特需の石炭を運搬

西日本新聞 長崎・佐世保版 宮崎 省三

 明治初期の人口が4千だった佐世保村は、1889年の海軍鎮守府開庁を機に都市へと変貌した。やがて、現代の鉄道よりも一回り小さな軽便鉄道が走り始めた。現在の松浦鉄道(MR)につながる鉄路の延伸は、軍事を優先した当時の国づくりと無縁ではない。基地の街・佐世保と県北地域の礎となった軽便鉄道。その建設には地元政治家の先見の明があった。

 軍港ができた佐世保は爆発的に人口が増え、1902年に市になった。当時の人口は4万5千余り。急激な都市化とともに急増したのが石炭需要だった。04年には日露戦争が始まり、佐世保近郊で次々と炭鉱が操業を始めた。

 課題は掘り出した石炭をどうやって運ぶか-。世知原(現佐世保市)の関西採炭会社が、佐々川下流の積み出し港まで運炭鉄道を敷設(1896年)したものの、多くの炭鉱は河口の貯炭場まで馬車などで運び、はしけに積み替えて沖に停泊する船に運んだ。

 この悪条件の克服に動いたのは世知原育ちの中倉万次郎だった。県議や衆院議員として、北松地区の道路や石橋の整備に尽力した。中でも最大の功労とされるのが、石炭を効率的に運ぶ軽便鉄道の建設だった。

 第1次世界大戦(1914~18年)を経て北松炭田が活気づく中、中倉は20年に産炭地の柚木(ゆのき)と相浦港を結ぶ鉄道を建設。客車もつないで走った。翌21年には途中駅の大野と陸軍宿舎に近い上佐世保を結んだ。現在のMR左石-北佐世保とほぼ重なる。

 さらに31年、水深の深い臼ノ浦に石炭の積み込み施設と鉄道を整備。世知原から運炭鉄道で結ばれる佐々にも鉄路を延ばした。33年には運炭鉄道を買収し、北松各地の炭鉱と港を結ぶ鉄道網を築いた。貧しく不便だった地域は、エネルギーの一大供給地となった。

 中倉が亡くなった36年、鉄道省が軽便鉄道の全線を買収。45年には全線が標準幅のレールとなり、MRの前身となる松浦線が形作られた。中倉は早くから、佐賀県伊万里と佐世保を結ぶ鉄道整備を訴えており、軽便鉄道の建設は国を動かすための「つなぎ」だったとされる。

   □    □

 戦前の県北の発展に大きな役割を果たした中倉と軽便鉄道だが、佐世保市教育委員会文化財課の川内野篤係長によると「断片的な史料しか残っていない」という。鉄道経営が国鉄からMRに移ったことや、北松炭田は中小の炭鉱が多かったことが背景にあるようだ。

 佐世保市立図書館には、中倉の死から2年後の38年に発行された「在りし日の中倉萬次郎翁」と題する書物が所蔵されている。筆者は新聞記者や衆院議員として親交のあった森肇。はしがきに「全く私の感想録である」と記しており、備忘録の性格が強い。

 ユニークな所蔵品もあった。25年当時の軽便鉄道のパンフレット「佐世保鉄道沿線案内」は、カラーイラストで路線図や沿線の観光地を紹介している。まだ鉄道がなかった佐世保-上佐世保に連絡バスが走る様子も描かれている。

 世知原駅跡地の公園には中倉の功績をたたえる頌徳(しょうとく)碑が立つ。碑文を現代語に訳した掲示板には、箇条書きの経歴と短い人物像が書かれている。MRたびら平戸口駅(平戸市)近くの公園には胸像があるが、草木の生い茂った目立たない場所にひっそりとある。

 佐世保史談会の中島真澄会長(79)は「観光地の振興にも軽便鉄道を生かそうとするなど、中倉のアイデアは今に通じる。地域を豊かにした中倉の功績は、もっと伝えられるべきだ」と訴えている。(宮崎省三)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ