危機管理アピール裏目 「肺炎会合」3閣僚が欠席 新年会など参加で

西日本新聞 総合面 下村 ゆかり

 新型コロナウイルス感染症対策本部を欠席し、地元後援会の新年会に出席していた小泉進次郎環境相は19日の衆院予算委員会で、「指摘を真摯(しんし)に受け止めて反省している。気を引き締めて対応したい」と述べた。予算委では、対策本部に出なかった萩生田光一文部科学相と森雅子法相もそれぞれ、地元のイベントに参加していたことが判明。新型肺炎を巡る安倍晋三政権の危機管理対応のほころびが広がった。

 3閣僚が欠席したのは、16日に首相官邸で開かれた対策本部。東京都内で消防団長の叙勲祝賀会に出席していた萩生田氏は、19日の予算委で「政務と公務のどちらが大事なのかとの指摘があれば、真摯に受け止める」。福島県であった書道関係の会合に参加した森氏も、「反省している」と神妙な面持ちだった。

 緊張感を欠く行動に対し、与党からも苦言が相次ぐ。公明党の石田祝稔政調会長は「新型コロナ感染症は最大の課題。(対策本部は)全閣僚出席という前提であり、当然出るべきではなかったか」と述べ、自民党の森山裕国対委員長も「正直、(欠席閣僚の)数が多すぎるなあと思う。今後、大臣には大事な会議には自らがご出席をお願いしたい」とくぎを刺した。

 ただ、1月30日から2月18日にかけて計11回開かれた対策本部の所要時間は、いずれも10~15分程度。中身も感染者数と発生状況の確認や、不要不急の外出抑制、手洗い励行を安倍首相が呼び掛けることなどが中心で、「国民に(政権が全力で取り組んでいるという)メッセージを出す意味もあった」(政府関係者)という。

 結果として、日曜日開催だった16日の対策本部で3閣僚が地元を優先してしまい、危機管理のアピールが裏目に出た形となった。 (下村ゆかり)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ