子ども海外派遣、新型肺炎拡大で福岡県が中止 「アジア太平洋会議」

西日本新聞 社会面 前田 倫之

 福岡県は19日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、NPO法人アジア太平洋こども会議・イン福岡(福岡市)が、3月末から予定していた中国(広州市)やマレーシア、オーストラリア、ペルーなど8カ国・地域に子どもたちを派遣する事業を全面中止すると明らかにした。法人によると、全面中止は海外派遣を始めた1994年以来初めて。

 事業は3月25日~4月2日の期間中、小4~高3の子どもら約140人を海外に派遣し、ホームステイや文化交流をする日程だった。だが、各国の防疫態勢などが不透明なため断念。法人の担当者は「子どもたちのために何とかしてあげたいが、安全が担保できない」と肩を落とした。

 また県によると、3月に出展を予定していたマレーシアでの観光イベントが延期され、3月の福岡アジアコレクションにタイ、ベトナムなどから「FACo Kawaii大使(カワイイ大使)」を招待することも見送ったという。感染の拡大は今後、中国以外との国際交流にも大きく影響を与えそうだ。 (前田倫之)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ