【続報】福岡市のコロナウイルス感染男性 海外渡航歴なし、濃厚接触者を調査

西日本新聞

 福岡市の高島宗一郎市長は20日、市内の60代の日本人男性が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。九州在住者の感染が確認されたのは初めて。入院して治療を受けており、重症ではない。無職で、最近の海外渡航歴はなく、感染源は特定できていないという。

 高島市長によると、2月13日から37・5度の発熱があり、福岡市内の医療機関を受診。せきやくしゃみの症状はなく、自宅療養を指示されたという。同19日、発熱が続いたため、再度、医療機関を受診。レントゲンで肺に影が認められたため、医療機関が保健所に通報し、感染症指定医療機関に入院した。20日未明、PCR検査で陽性と確認された。

 同居の家族については検査中で、そのほかの濃厚接触者についても調査を進めているという。

 

 

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ