気温上昇の1.5度目標

西日本新聞

 地球温暖化防止のためのパリ協定は、今世紀末の世界の平均気温の上昇を2度より十分低いレベルに抑え、1・5度を目指すことを目標としている。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)などによると、温暖化の被害のリスクは2度と1・5度では大きく異なり、国際的に1・5度を目指すべきだとの声が高まっている。1・5度に抑えるには、2030年に温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を今より少なくとも45%減らし、50年には実質的にほぼゼロにすることが必要だとされている。

PR

全国・海外ニュース アクセスランキング

PR

注目のテーマ