対策本部次々「冷静に準備を」 初の感染確認で福岡、佐賀の自治体

西日本新聞 総合面

 福岡市内で新型コロナウイルスの感染者が確認された20日、福岡県内や隣接する佐賀県などの自治体で、感染拡大に備えた対策本部の立ち上げや緊急の対策会議が続いた。

 北九州市は、北橋健治市長を本部長とする緊急の対策会議を開き、感染によって重症化しやすい高齢者中心のイベントについて、市が主催する分は中止・延期する方針を決めた。

 福岡県中間市や小郡市、うきは市などは市長を本部長とする対策本部を設置。うきは市は、市民に予防意識の徹底を呼び掛けるほか、具体的な予防策や国や県の相談窓口を記載したチラシを全戸配布する予定だ。久留米市と大牟田市は21日に対策本部会議を開き、情報共有と感染疑いが発生した際の対応などを協議する。

 佐賀県でも20日、副知事をトップとする幹部会議を緊急開催。福岡市が公表した情報を共有した。小林万里子副知事は「隣の福岡市で感染が発生し、佐賀県で起きても不思議ではない状況。冷静に受け止めながら(感染に備えた)準備を進めたい」と述べた。同県によると、感染の疑いがあるとして県内の7人にウイルスを検出するPCR検査をしたが、いずれも陰性だった。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ