「令和」命名者招くイベント中止 新型コロナで太宰府市「お体第一」

 福岡県太宰府市は20日、福岡市内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、22日から予定していた元号「令和」の命名者、中西進氏(90)を招いたイベントを中止すると発表した。今後については「全くの白紙」としている。

 中西氏は22日に太宰府市に入り、市総合体育館で講演。23日には、大宰府政庁跡近くの坂本八幡宮で、万葉衣装で再現する「梅花の宴」に大伴旅人役で臨む予定だった。

 20日に楠田大蔵市長と実行委員会の委員が協議し、「何より中西先生のお体を第一に考える」で一致。イベントの中止を決めた。市長が中西氏に連絡すると、「残念だが、致し方ないですね」と応えたという。 (南里義則)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR