新型コロナ、簡易な診断方法確立へ 長崎大など6国立大が共同研究

西日本新聞 華山 哲幸

 長崎大は20日、東京大や大阪大など6国立大共同で、新型コロナウイルスのアジア地域での感染状況調査や新たな検査方法の研究に乗り出すと発表した。感染経路や重症化のメカニズムの解明、治療薬開発につながることが期待される。

 国内での感染拡大を受け、文部科学省が緊急助成する5千万円の研究費を活用。共同研究チームの代表者は、長崎大熱帯医学研究所(熱研)の森田公一所長が務める。長崎大の感染症研究拠点があるベトナムのほか、中国、タイなど計6カ国における感染に関する情報や感染者の検体を収集し、分析する。現地で感染源とされている野生動物についても調査する予定。

 人の感染を迅速に診断するため、ウイルスを高精度で検出する現在のPCR検査に代わる新たな診断方法の確立にも取り組む。研究チームの一人、熱研の安田二朗教授は「感染症研究で歴史を持つ長崎大がリーダーシップを取って進めていきたい」としている。 (華山哲幸)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ