ダイヤモンド・プリンセス号を「大変な白船来た」 自民細田氏が発言

西日本新聞 総合面 川口 安子

 自民党の細田博之元幹事長は20日、会長を務める細田派例会であいさつした際、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を「大変な白船」と表現した。幕末のペリーによる「黒船」来航のショックに例えたとみられる。

 細田氏は「昨今はダイヤモンド・プリンセス号、大変な白船がやってきて、まだ(船内に)2千人以上残っている。責任論があるが、そうではなく医療関係者や疫学、政府の関係者の責任を持った対応を期待するほかはない」と述べた。

 例会後、記者団から意図を問われた細田氏は「こういう場合にどう対応したらいいか、クルーズ船は予想外だった」「専門家が判断して対応するしかないという話だった」と説明した。 (川口安子)

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ