古川さん「いろんな人の声を聞かねば」 都内で芥川賞・直木賞贈呈式

西日本新聞 社会面 平原 奈央子

 第162回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の贈呈式が20日、東京都内で開かれ、「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」の古川真人(まこと)さん(31)に芥川賞が、「熱源」の川越宗一さん(41)に直木賞がそれぞれ贈られた。

 受賞スピーチで、福岡市出身の古川さんは今の心境を「自分で何か仕事をした結果というより、背中から誰かにどやしつかれるかして、転々とよろけ出てきてしまったよう」と表現。その誰かとは「もう死んでしまった人たち」でもあるとし、「ますますいろんな人の声を聞かねばならん。今後ともどんどん背中をたたいてください」と語った。

 鹿児島県生まれの川越さんは「次の作品をもっと面白く書かねばという思いでいっぱい。歴史小説は過去の人々の生活や生きざまがなければ書けず、過去に生きたすべての人々に感謝しております」と述べた。 (平原奈央子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ