3連休、外出しても大丈夫? 感染症科の医師に聞く

西日本新聞 一面 井上 真由美

 新型コロナウイルスの感染リスクが高まる中での3連休。外出していいのか、出掛ける際の注意点はあるのか。感染症に詳しい飯塚病院(福岡県飯塚市)感染症科の的野多加志(たかし)部長に聞いた。

 発熱や風邪のような症状がある人は無理して出掛けないでほしい。同居している家族に疑わしい症状が出た場合も濃厚接触は避けられず、感染しているかもしれない。自身の体調変化に十分注意してほしい。それが地域全体を守る。

 一方、現段階では症状がない人まで外出を自粛する必要はない。ただ、外出先ではいつも以上に手洗いや手指消毒を心掛けること。アルコールの消毒薬などを持ち歩くといい。マスクは正しく着けないと、表面に付いたウイルスが口や鼻から入り込んでしまう。予防手段として信頼しすぎてはいけない。

 感染すると重症化しやすい高齢者や基礎疾患がある人は症状の有無にかかわらず、不必要な外出や人混みは避けるべきだ。子どもは重症化のリスクは証明されていないものの、手洗いなど予防策が徹底できずに感染を広げやすいという点で注意が必要になる。

 イベントや会合の主催者は、アルコール消毒薬の設置や手洗い場所の確保をするとともに、疑わしい症状がある人は参加しないようはっきり呼び掛けてほしい。開催場所が屋外だから安心ということはなく、人との距離が十分に取れないとリスクが高くなることを知っておいてほしい。(聞き手は編集委員・井上真由美)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ