学校判断で休校も 新型コロナ 福岡県教委が通知

西日本新聞 社会面 前田 倫之 泉 修平

 新型コロナウイルスは児童にも感染が広がる状況となり、教育委員会も対応を取り始めている。

 文部科学省は、各教委などに求める対応方針を公表。児童生徒がウイルスに感染し、都道府県や政令市が感染拡大防止のために必要と判断した場合、当該校に対する休校や学級閉鎖などを要請することとした。

 これを受け、福岡県教育委員会は各市町村教委と県立学校長に文書を通知し、対応の徹底を求めた。通知は、多数の発症者がいる場合は学校側の判断でも休校できると明示している。

 福岡市教委は、児童生徒の感染が確認された場合について「現在、協議を続けており、速やかに対応策を決めたい」。一方で、休校や学級閉鎖といった対応の目安がまとまっても、保護者らには伝えない予定。同教委は「不安をあおらず、混乱を招かないようにするため」と説明している。 (前田倫之、泉修平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ