新型肺炎、熊本で計3人感染 20~60代男女

西日本新聞 古川 努 壇 知里

 熊本市は22日、市内の20代女性看護師と、女性の父親の50代会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。熊本県も上益城郡の60代無職男性の感染を公表し、「北海道で感染した可能性が高い」とした。いずれも日本人で、最近1カ月間に海外渡航歴はない。市と県は3人の行動歴や接触者などから感染経路を調べている。九州の感染者は福岡市の夫婦と合わせて5人となった。

 熊本市によると、20代女性は同市東区在住で、熊本託麻台リハビリテーション病院(同市中央区)に勤務。17日からせきの症状があり、発熱や嘔吐(おうと)もあった。21日に感染が確認され入院。22日現在、体温は39・1度に達し、酸素吸入を要する状態という。

 女性は発症前の8日、九州新幹線で熊本から博多へ行き、福岡市内で友人と会食。9日に新幹線で熊本に戻ったという。平日はおおむね出勤していた。16日に熊本市であった熊本城マラソンをゴール地点で応援し、夜は市内で外食。ウイルス検査した女性の同僚5人は全員陰性だった。

 また、女性と同居する父母のうち、父親は20日にせきの症状が現れ、ウイルス検査の結果、感染が確認された。同県阿蘇市の工事現場で働く作業員で、現場には同僚や別の会社の作業員もおり、市が接触の度合いを調べている。60代の母親の検査結果は陰性。

 県によると、60代男性の自宅は北海道にあり、施設に入居する母親の介護のため、現在は上益城郡の実家で生活。北海道には今月2日から滞在し、札幌市の「さっぽろ雪まつり」に参加。10日に福岡空港(福岡市)から高速バスで熊本へ戻り、15日に発症していた。

 男性は、北海道や熊本で友人や妻、母親と接触があったが、県は感染リスクが高まる「濃厚接触者」に該当する関係者は現段階ではいないとみている。(古川努、壇知里)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ