パラ卓球 日本代表の闘志、油彩で描く 九州産業大で展示会

西日本新聞

 パラスポーツの卓球日本代表選手を描いた作品が、福岡市東区の九州産業大芸術学部で展示されている。スポットライトを当てたような強い明暗が特徴の油彩で、闘志あふれる12人が描かれている。

 日本肢体不自由者卓球協会がアートで競技の魅力を伝える広報活動の一環で、画家の飛島達也さん(22)=同学部4年=に昨年夏に制作を依頼。飛島さんは試合会場に何度も足を運んだといい「障害者としてではなく、一人の選手として個性を見てほしい」と話した。

 同大での展示は3月1日まで。その後、東京で他のアート作品とともに展示されるという。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ