名刺には「合同会社デサフィオ 代表執行役員社長 畑中海星」と…

西日本新聞 社会面 中川 次郎

 名刺には「合同会社デサフィオ 代表執行役員社長 畑中海星」とある。彼は福岡県飯塚市の近畿大産業理工学部1年生の20歳。昨年末に会社登記し、今月から小売店にキャッシュレス決済の導入を勧める事業に取り組む。

 起業は、官民でつくる「つなぐカフェ@飯塚」の交流拠点を訪れたことがきっかけ。この拠点は、学生と企業、住民の交流を通し、地域活性化のアイデアを形にすることを目的に1年半前に設置。延べ約7千人が利用し、多様な仕事を紹介するセミナーや国際交流イベントが実現した。

 起業に関心があった畑中さんは若手経営者の助言を受け、会社登記地は商店街の協力を得た。「カフェのおかげで起業できた。他の学生が続くように実績を作りたい」。同市では飯塚国際車いすテニス大会の運営をボランティアが手伝う「イイヅカ方式」が有名。カフェを新しい「飯塚方式」として、情報発信していきたい。 (中川次郎)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ