嫌な言葉「ばか」最多 孤独な外国人SOS 全国12地方紙協働調査

西日本新聞 社会面 福間 慎一 古川 幸太郎 押川 知美 黒田 加那

 300人を超える外国人労働者を対象にした全国12地方紙の協働調査では、日本での生活で「言われて嫌だった言葉」も尋ねた。最も多かったのは「ばか」で22人。「臭い」「黒い」といった差別的な言葉に傷ついたという告白もあった。日本語が流ちょうに話せないだけで見下される理不尽さがにじむ。

 ベトナムから来日して3年9カ月の男性(25)=埼玉県=は内装工事の技能実習で「何やっているんだ。ばかやろう」と怒られた。「日本人より(外国人の方が)怒られやすい」と訴える。沖縄県に滞在して2年半というタイ出身の飲食店従業員の女性(44)は「(日本語は)話せないが、聞くことはできる。客に早口で話され、見下した対応をされると悲しく、悔しい」と回答した。

 「外国人」としてひとくくりにされる言動への違和感も目立った。京都市で自動車部品製造業に就く男性(29)は「さすがタイ人」と言われ、個人として認められていないように感じた。福岡市の男性(26)は「韓国の道はニンニク臭い?」と聞かれた。スペイン語を話す同市の男性(28)は、英語で話しかけられることに抵抗感を覚えると答えた。

 受け止めが分かれた言葉が「すごい」だった。ベトナム出身の北海道の女性(25)は「心から思っていないのに」と否定的。東京都品川区のベトナム国籍の女性(19)も「最初はうれしかったが、日本人には本音と建前があるので、本当かどうかは分からない」と語った。

 一方で、半数以上の177人は、嫌だった言葉は「ない」、あるいは具体的な言葉を挙げなかった。言われてうれしかった言葉で多かったのが「こんにちは」「ありがとう」「お疲れさま」。中国から来たさいたま市の女性(25)は「あなたがいれば安心」という言葉が心に響いたという。 (押川知美、黒田加那、福間慎一)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ