熊本県知事選の延期要請 出馬予定の幸山氏、新型コロナ感染拡大で

西日本新聞 和田 剛

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熊本県知事選(3月5日告示、同22日投開票)に無所属で立候補を表明している前熊本市長で新人の幸山政史氏(54)が25日、同県選挙管理委員会に感染が終息するまでの選挙の延期を申し入れた。事務局担当者は「選管委員長に報告する」と答えた。

 申し入れは、県が不特定多数の参加が見込まれる屋内での行事の中止・延期を決めたことを挙げ、「候補者が自らの政策を集会で選挙人(有権者)に示す機会を失い、選挙を公明かつ適正に行うことができない」と主張。「新型コロナウイルスの感染が終息し、安心して投票所に行ける状態となるまで投票を繰り延べるべきだ」と求めた。

 同県市町村課によると、現在の知事の任期は4月15日まで。県選管が決定すれば公選法で定めた3月16日―4月14日の範囲で投開票日を変えることができるという。1965年に同県の旧坂本村と五木村で大洪水が起き、参院選の投開票を7日間延ばした例がある。同課は「選挙の延期は、災害で投票が物理的に不可能な場合などが想定される」としている。

 任期満了を過ぎると首長が不在となるため、95年の阪神大震災や2011年の東日本大震災では、国が特例法を制定して首長の任期を延ばし、選挙日程も変更したという。

 熊本県知事選には無所属での4選を目指す現職蒲島郁夫氏(73)と無所属新人で自営業の三井一郎氏(71)も立候補を表明。蒲島氏は「新型コロナウイルスの感染終息を最優先する」として、選挙期間中も職務執行代理者を置かない方向で検討している。(和田剛)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ