【★どうが★やさしい日本語】「野焼(のや)き」を して、山(やま)を 守(まも)る

西日本新聞

日本(にっぽん) には「野焼(のや) き」という  行事(ぎょうじ) が  あります。

(はる) の  (はじ) めに、野原(のはら) や  (やま) の  () れた  (くさ) を  () きます。

(くさ) の  成長(せいちょう) を  (はや) くするためです。

(くさ) が  元気(げんき) に  (そだつと、景色(けしき) も  きれい  になります。

(わる) い  (むし) も  いなくなります。

北九州(きたきゅうしゅう) ()   小倉(こくら) 南区(みなみく) には「平尾台(ひらおだい) 」という  有名(ゆうめい) な  場所(ばしょ) が  あります。

平尾台(ひらおだい) でも、野焼(のや) きをします。

今年(ことし) の  野焼(のや) きは、2(がつ) 24(にち) に  ありました。

(まち) の  (ひと) や、消防(しょうぼう) や  警察(けいさつ) の  (ひと) など280(にん) ぐらいが  参加(さんか) しました。

(くさ) に  () を  (けると、() が  すぐに  (ひろ) がりました。

オレンジ(いろ) の  () からは「バチバチ」と  (おと) がしていました。

福岡(ふくおか) () から  () た70(さい) の  男性(だんせい) は、「() が  (ひろ) がっていくのが、とても  迫力(はくりょく) が  ありました。来年(らいねん) も  () たいです」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ