日田彦山線「負担なく鉄道復旧を」 東峰村住民ら、JR九州に署名提出

西日本新聞 九州+ 布谷 真基

 2017年の九州豪雨で被災し、不通が続くJR日田彦山線添田(福岡県添田町)―夜明(大分県日田市)間について、地元負担のない鉄道復旧を要望する福岡県東峰村の住民団体が26日、福岡市のJR九州本社を訪れ、1万7906筆の署名を前田勇人副社長に手渡した。

 住民団体「日田彦山線の完全復旧を求める会」は昨年10月から今月25日まで署名を集め、地元農協の政治団体に寄せられた900筆も合わせて提出。求める会の片岡拓之代表世話人はJR九州への要望後、報道陣に「鉄道がないのは死活問題だがJR側から満足する答えはなかった」と述べた。求める会は署名の写しを福岡県、同県議会、九州運輸局に提出。栗原渉県議会議長は取材に「議会として県にしっかり声を伝えたい」と語った。大分県には郵送する。

 日田彦山線を巡っては、沿線自治体とJR九州のトップが日田市で開いた12日の復旧会議で、バス高速輸送システム(BRT)への転換を軸に検討が始まったが、不通区間が全域にまたがる東峰村の渋谷博昭村長は鉄道復旧を求める姿勢を崩さなかった。(布谷真基)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ