「ロマンスの神様」太宰府降臨? 令和の地PRビデオに広瀬香美さん

西日本新聞 社会面 南里 義則

 福岡県太宰府市で26日、元号「令和」ゆかりの古都の魅力を発信するプロモーションビデオの撮影会があった。市民ら約40人が参加。太宰府天満宮の近くで少女時代を過ごし、「ロマンスの神様」などのヒット曲で知られるシンガー・ソングライターの広瀬香美さんも、ゲスト出演した。

 太宰府市出身の作家岡崎琢磨さんとシンガー・ソングライターのセイカさんが「音楽で故郷を発信したい」と、イメージソングを作ったのがきっかけ。歌のタイトルは「時の旅人~令和ゆかりの地・太宰府のうた~」で、岡崎さんらがプロモーションビデオ制作のためクラウドファンディングで資金を募ったところ、120万円が集まった。

 撮影は25日にスタート。26日はクライマックスシーンとしてかつて大伴旅人が大宰帥(だざいのそち、大宰府長官)を務めた大宰府政庁跡で、地元の学生らが「はらはら こいこい~令和のまちへ」と「太宰府のうた」を合唱するシーンを撮った。広瀬さんは「小学校時代に遠足でよくこの政庁跡に来ました。感慨深いです」と語った。 (南里義則)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ