「沖縄そば」伝統の製麺法守り抜く 創業115年、4代目の思い

きしもと食堂(沖縄県本部町)

 小麦粉にかんすいなどアルカリ剤を加えた中華麺を使う料理が広まったのは明治、大正以降のこと。横浜、神戸といった港町で「支那そば」などの名で食べられるようになり、現在...

関連記事

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR