九州新幹線の利用者7%減 JR九州社長 「国内客の自粛影響」

西日本新聞 布谷 真基

 JR九州は27日、新型コロナウイルスの感染拡大で、九州新幹線博多-熊本間の2月の利用者数(1~24日)が前年同期比で7%減少したことを明らかにした。在来線特急は平均12%減となり、青柳俊彦社長は「国内客の観光や出張の自粛が影響している」と分析する。

 鉄道事業の収入(売上高)の速報値では、新幹線や在来線特急などの中長距離収入(1~25日)が前年同期比で12・7%減と大幅にダウン。近距離収入、定期収入を合わせた全体では9・8%の落ち込みで、金額ベースで約14億円の減収になっているという。訪日外国人客向けの乗り放題きっぷ「レールパス」の売り上げも、2月は前年の半分程度の水準になっている。

 27日の記者会見で青柳社長は「特に国内客が動かなくなっている。業績への影響は計れないが各種イベント中止も相次いでおり、近距離移動にも今後、影響が出るかもしれない」と懸念した。(布谷真基)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ