特別展「古代エジプト展」記念講演会

西日本新聞 もっと九州面

 4月25日(土)午後1時半~同3時、福岡県太宰府市の九州国立博物館1階ミュージアムホール。同博物館でこの日開幕する特別展の監修者、中野智章・中部大教授が「太宰府とライデン-学問の地から探る古代エジプト文明の世界」の題で講演。同展は人のミイラ5体を含むオランダ・ライデン国立古代博物館所蔵の遺物250点を展示。6月21日(日)まで。

 講演会は聴講無料だが、同展観覧券か半券の提示が必要。往復はがきで申し込む。往信はがき裏にイベント名、郵便番号と住所、希望者(2人まで)の氏名、電話番号、返信はがき表に郵便番号と住所、氏名を明記。宛先は「〒810-0001 福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞イベントサービス『古代エジプト展』係」。3月31日(火)必着。定員280人。応募多数の場合は抽選。同係=092(711)5491。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ