上穂波小が2年連続全国2位 「ペッパー」活用プログラミング発表会

西日本新聞 筑豊版 座親 伸吾

 ソフトバンクグループによる人型ロボット「ペッパー」を使った社会貢献プログラムの成果発表会で、福岡県飯塚市の上穂波小が小学校部門で全国2位の銀賞を受賞した。同小は前回も銀賞で、3年連続の入賞。「オンライン英会話」をテーマに活用した6年の右橋糸さん(12)と斎藤星奈(せな)さん(12)が26日、市役所を訪れ、受賞を報告した。

 同プログラムはコンピューターでの情報処理の設計を通じ、論理的な思考力などを養うのが狙い。発表会には全国約850校の小中学生が参加した。

 上穂波小は、オンライン英会話の授業で「言いたいことが伝わらない」との悩みから、ペッパーに英語で話し掛け、発音が正しいかどうかを確認するプログラミングに挑戦。練習課題に成功すると「トロフィー」が増えていく仕組みで、予習・復習に意欲的に取り組めるよう工夫した。

 右橋さんは「自信があったので(銀賞は)悔しさとうれしい気持ちと両方」。斎藤さんは「女子の高い声でもペッパーが聞き取れるよう調整するのが難しかった。大会前日にヤフー本社で発表を聞いてもらい、当日は緊張せずに発表できた」と話した。(座親伸吾)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ