筑豊地域の自治体、学童保育所を拡充へ 臨時休校要請で

西日本新聞 筑豊版

 新型コロナウイルス対策で、政府が小中高校などの臨時休校を要請したのを受け、福岡県・筑豊地区の自治体も28日、休校日程を決めた。教育現場では学童保育所の拡充などの対策が取られ、企業は子どもを持つ従業員への対応を急いでいる。

 3月2日からの臨時休校要請に対し、自治体の対応は異なる。

 田川市は全小中で2日は児童生徒を登校させ、3日から休校にする。学習資料や生活面での注意を記した文書を作成・配布する時間を確保するためで、吉柳啓二教育長は「安全に自宅学習できるよう準備が必要」と説明。卒業式は規模を縮小して実施。24日の修了式は予定通り行う。

 鞍手町は4日から休校。町教委は「現場は混乱している。バタバタと長期休みに入るのではなく、2、3日に休みの間の勉強やコロナ対策についてしっかりと指導する」としている。

 飯塚、直方、宮若3市は2日から休校。直方市は修了式を実施せず、通知表は担任が家庭訪問して配布する。飯塚市は2月29日、宮若市は3月3日を臨時出校日とし、過ごし方などについて説明。嘉麻市は3日から、川崎、大任、添田3町や赤村などは2日から休校する。

   ◇    ◇

 「日中に保護者が家にいない児童は受け入れる」。飯塚市内で学童保育を運営するNPO法人は「児童数が過密になれば、学校から教室を貸してもらうことも検討する」と話す。

 同市は休校中、小学校18校にある学童保育「児童クラブ」について、平日・土曜午前8時~午後6時(延長も可能)に開設することを決めた。夏休みなどと同じ対応だ。市立片島小の井上真一校長は「学童保育は以前から利用者が多く、視聴覚室も提供してきた。休校でさらに部屋が足りなくなり、学童保育側から協力を求められれば、特別教室を貸し出して協力したい」と話す。

 田川市も放課後学童クラブについて、夏休みなどと同じ時間帯(午前8時~午後6時半)で対応。直方市も2~19日に全11小学校の学童クラブを開設する。

   ◇    ◇

 飯塚市の食品メーカーでは、従業員が子どもの休校で休みが必要かどうか聞き取り調査を始めた。担当者は「他の従業員でできるところはカバーする態勢をとっていきたい」と話す。

 企業内託児所を設け、テレワークも取り入れる同市の電子部品メーカー「タカハ機工」の担当者は「親たちも対応を決めかねており、手を打てていない。要望を集め、どうするか判断したい」と困惑気味だった。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ