故郷のやきそば忘れないで 日田市の団体、5高の卒業生に振る舞う

西日本新聞 大分・日田玖珠版 鬼塚 淳乃介

 今年卒業する大分県日田市内5高校の生徒たちに日田市名物の「日田やきそば」を無料で振る舞うイベントが2月28日、同市のJR日田駅前広場であった。

 まちづくり団体「日田やきそば研究会」(河津勇成代表)が2012年から毎年実施。進学や就職を控えた高校3年生へのエールとともに、将来故郷を思い出してもらいたいとの願いを込め、提供している。

 研究会のメンバーたちは「おめでとう」、「頑張って」などと声を掛けながらできたての焼きそばを卒業生たちに手渡した。福岡県の大学に進学予定の日田高3年柳井田千尋さん(18)は「パリパリでやっぱりおいしい。大学でも日田の魅力を伝えれば」と笑顔だった。 (鬼塚淳乃介)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ