新型肺炎「日本と克服」 韓国・文大統領 三・一独立運動式典で演説

西日本新聞 国際面 池田 郷

対日批判は抑制

 【ソウル池田郷】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は1日、日本の植民地統治に抵抗して1919年に朝鮮半島で起きた「三・一独立運動」を記念する政府式典で演説し、「日本は常に最も近い隣国だ」と述べた上で、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「共に危機を克服し未来志向の協力関係へ努力しよう」と呼びかけた。演説は感染の封じ込めに向けて国民に団結を訴える内容に時間を割き、対日批判のトーンは抑制した。

 国内でのウイルス感染拡大を受け、韓国政府は危機レベルを4段階で最高の「深刻」に引き上げている。式典も例年より規模を縮小し、参加者を50人程度に絞った。

 文氏は演説で独立運動の精神が「新しい時代を開く力になってきた」と韓国の歴史を振り返り、「われわれは必ずウイルスに打ち勝ち、経済を活気に満ちたものに回復させるだろう」と述べた。

 対日関係を巡っては「過去を直視してこそ傷を克服できる。過去を忘れることはない」とする一方、「われわれは過去にとどまることもない。日本もそうした姿勢を見せてほしい」と注文した。懸案の元徴用工や元従軍慰安婦を巡る問題には直接言及しなかった。ウイルス対策に集中するため、解決が難しい外交課題への深入りを避けた格好だ。

 また、感染の世界的な拡散を受けて「国境を超えた協力の必要性を痛感した」と指摘。感染症や災害などに対応するため、日本や中国、北朝鮮などと協力する考えを強調した。

 独立運動から100年の節目だった昨年の式典は1万人余りが参加した。今年はウイルス感染が集中している南東部大邱市で陣頭指揮を執る丁世均(チョンセギュン)首相も参加を見送った。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ