熊本県知事選5日告示 地震から4年、復興施策争点に

西日本新聞 総合面 和田 剛

 熊本県知事選は、5日告示される。立候補を予定しているのは、いずれも無所属で4選を目指す現職の蒲島郁夫氏(73)と元熊本市長の新人幸山政史氏(54)で、一騎打ちの公算が大きい。発生から4年を迎える熊本地震の復興施策が主な争点だが、新型コロナウイルスの感染拡大で集会や握手などが制限される異例の選挙戦となりそうだ。投開票日は22日。

 県内では2月21~25日、立て続けに5人の新型コロナウイルス感染者が確認され、前哨戦は一変。両陣営とも大規模な支援者集会を中止し、今月5日の出陣式は大幅な縮小を決めた。県選挙管理委員会は2日、他県の3月の選挙が延期されないことなどを挙げ、予定通りの実施を決めた。

 蒲島氏は「コロナ対策の公務を優先し告示後に遊説しない可能性もある」とする。陣営は組織力を活用し、電話やインターネットで支持を呼び掛ける。自民と公明から支援を受け、国とのパイプを生かして復興予算を獲得した実績を強調するほか、熊本空港を巡りJR豊肥線からのアクセス鉄道建設などを掲げる。

 幸山氏は「個別に会って政策を話すなど、これまで通りの活動を続ける」とする。告示後は、選挙カーでの遊説や街角でのつじ立ちに力を入れる方針だ。空港アクセス鉄道を「需要予測が過大」と批判し、対案としてバス高速輸送システム(BRT)の導入を主張する。社民が支持、国民民主と共産が支援する。

 有権者数は147万835人(昨年12月2日現在、県選管調べ)。 (和田剛)

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ