【問題・解答例あり】佐賀県立高の入試始まる 新型コロナで厳戒態勢

西日本新聞 佐賀版 津留 恒星 金子 晋輔

 2020年度の佐賀県立高校一般選抜入試が4日、県内の32校で始まった。感染が広がる新型コロナウイルスにより試験会場で厳戒態勢が敷かれる中、全日制、定時制を合わせた受験生5161人が国語、理科、英語に臨んだ。

 県教育委員会によると感染予防策として試験会場に消毒液を設置することのほか、試験の合間などに窓を開けて空気を入れ替えるよう各校に促したという。

 唐津市の唐津西高は、試験前に受験生が集まる体育館では間隔を空けて椅子を並べ、教室では机や椅子を消毒液で除菌するなどして受験生を迎え入れた。マスク姿の受験生は問題用紙と解答用紙が置かれた席に着き、緊張した様子で試験開始の合図を待った。

 初日の試験を終えた浜玉中3年の女子生徒(15)は「休校になった昨日は塾で勉強した。環境の変化で不安もあったけど、集中して頑張った」と話した。

 全日制は4987人の募集に対し、5110人が受験して倍率は1・02倍だった。5日は社会、数学が行われる。(津留恒星、金子晋輔)

【問題】

佐賀県立高 一般選抜入試・国語問題(PDF) 

佐賀県立高 一般選抜入試・理科問題(PDF)

佐賀県立高 一般選抜入試・英語問題(PDF)

【解答例】

佐賀県立高 一般選抜入試・国語解答例(PDF)

佐賀県立高 一般選抜入試・理科解答例(PDF)

佐賀県立高 一般選抜入試・英語解答例(PDF)

 

※問題・解答例の二次利用を禁じます

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ