「抵抗などできない」実父から性暴力…今も消えない記憶 女性の訴え

西日本新聞 くらし面 国崎 万智

 「小学生の頃、実父から性的虐待を受けた。今も当時の記憶が思いがけないときによみがえる」。福岡県内の50代女性Aさんがつづった手紙が「あなたの特命取材班」に寄せられた。名古屋地裁岡崎支部は昨年3月、実の娘に性的暴行を加えたとして準強制性交罪に問われた父親に対し、娘が抵抗できない「抗拒不能」の状態だったとするには合理的な疑いが残ると判断し、無罪とした。今月12日、名古屋高裁で言い渡される控訴審判決を前に、Aさんは「生活の全てを頼る親からの性暴力に、子どもは抵抗などできないと知ってほしい」と訴える。

 機嫌がころころ変わる父だった。朝晩のあいさつをしなかったり、態度が気に入らなかったりすると「何だ」とAさんを怒鳴った。気が済むまで頬をたたき、体を蹴る。通知表の評価が一つ下がれば「おまえはばかだ」とののしる。母が止めに入ることはなく、暴行が終わるまで耐えた。

 ある晩、食事を終えて子ども部屋に戻り、ベッドに横になった。父は部屋に入るなり、Aさんに覆いかぶさった。笑みを浮かべ、無理やりキスをした。「どれくらい大きくなったやろか」。胸や下半身を触られる。力の限り抵抗しても、振り払えなかった。

 部屋に近づいてくる足音、ドアノブを回す音。行為は何度も繰り返されたが誰にも言わなかった。小学校中学年で、されていることの意味が分からなかった。「逃げてもこの家以外に行く場所はない」。父からのあらゆる暴力を頭の中から消すことで、身を守ろうとした。行為が何年続いたか、記憶はあいまいだ。

 50代になり家庭環境に関する本を読む中で、父の行為が性的虐待だったと気付く。既に父は病死。身勝手な振る舞いを憎んでも、感情をぶつける先は無い。3年前、母に打ち明けると「何で早く言わなかったの」ととがめられ「一番守ってほしい人に守ってもらえなかった」と失望した。父の遺影を見ることもできなくなり、人影の幻覚や幻聴の症状が出た。 

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ