五輪ポスター最高賞に権藤さん 福岡の小5「水泳のメドレー楽しみ」

 東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は6日、「世界の選手を応援しよう」をテーマに全国の小中学生、特別支援学校生からポスターを募った企画の受賞作品を発表した。最高賞の金賞には、福岡市立高取小学校5年の権藤茜さん(11)が選ばれた。

 ポスター企画には1480校から3万7804点の応募があった。

 他の4人とともに金賞に選ばれた権藤さん。3歳の頃から水泳を習っており、応援している競泳女子の池江璃花子選手を中央に配し、インターネットで学んだ車椅子バスケットボールなど、さまざまな競技の選手がぐるりと「TOKYO2020」の文字を囲んでいる構図を描いた。選手たちは肌や髪、瞳の色が一人一人違う。組織委は「テーマにふさわしい、五輪やパラリンピックへの関心を高めてくれる作品」と評価した。

 新型コロナウイルスの影響で表彰式は中止となったが、権藤さんは西日本新聞の取材に対し「ポスターを通じて東京大会を盛り上げる一員になれてうれしい。水泳男子の瀬戸大也選手の個人メドレーを楽しみにしている」と語った。(下村ゆかり)

福岡県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR