【動画あり】ドイツとの交流の証し 有田ポーセリンパーク

 庭園を背に、天井部や壁面を装飾した建物が、異国情緒あふれる雰囲気を演出している。

 1993年4月に開業した陶磁器と酒造をテーマにした観光施設「有田ポーセリンパーク」(佐賀県有田町)。そのシンボルである建物は、バロック様式の建築物として有名な「ツヴィンガー宮殿」(ドイツ)を再現している。有田焼は、江戸時代から王侯貴族に収集されて同宮殿に保管。18世紀、欧州初の磁器であるマイセン焼の誕生につながった。

 同パークの“宮殿”は、焼き物を通じて生まれたドイツとの交流の証しとなっている。

 (ドローンで撮影・佐藤雄太朗)

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR