列車迎える菜の花見頃 伊万里市のMR久原駅

西日本新聞 佐賀版 古賀 英毅

 梅の花の盛りも過ぎ、桜の開花を待つばかり-。その間をつなぐように佐賀県内の川辺や道路沿いでは菜の花が見ごろを迎えている。

 伊万里市山代町の松浦鉄道の久原駅では、数千本の菜の花が彩る黄色のじゅうたんをディーゼル車が走る。松浦鉄道によると、約15年前に地域住民が種をまいたのが始まりで、自然に花を咲かせるようになった。今年は暖冬の影響もあり、例年よりも早めに開花している。

 駅の掃除など管理を受託している福田靖二さん(83)の妻の京子さん(82)は「菜の花が咲くと、春が来たと思う。写真を撮りに駅に訪れる人もいてうれしい」と話していた。(古賀英毅)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ