正しかった?新型コロナで休校 100年前、スペイン風邪の報道は…

西日本新聞 坂本 信博 福間 慎一

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた小中高校などの休校要請について、安倍晋三首相は「約100年前に流行した『スペイン風邪』の対応を参考に」決断したと国会で答弁していた。「当時のことを知りたい」という声が西日本新聞あなたの特命取材班に寄せられた。西日本新聞の前身「福岡日日新聞」と「九州日報」の当時の新聞記事を掘り起こすと、二つのウイルス禍の類似点と相違点が見えてきた。

   ◆    ◆

 〈悪性の感冒しょうけつ 南にては死亡者数千 馬来 マレー半島にもまんえんせり〉(1918年10月25日付・九州日報)

1918年10月25日付・九州日報

 この記事は、南アフリカ付近で流行する悪性感冒(スペイン風邪)の感染者が東南アジアのマレー半島に広がっているとして、〈同地方との往来船舶にいては警戒中にしてし本邦に毒を輸入するにいては一大事なるをもって 予防上に注意を払われたし〉と報じている。

 東京都健康安全研究センターの「日本におけるスペインかぜの精密分析」(2005年)によると、スペイン風邪はA型インフルエンザ(H1N1型)で、第1次大戦末期の1918年以降、全世界で当時の総人口の約3割に当たる約6億人が感染。2千万~4千万人が死亡した。

 〈世界的の感冒 世界各地に流行し多数の死亡者を出す所あり 日本のは軽いが油断すな/悪性感冒益々猛烈 各地小学校の臨時休業〉(10月27日付・九州日報)

10月27日付・九州日報

 国内では1918年10月上旬から全国に感染が拡大した。九州日報によると、福岡県では最初の患者が10月10日に筑紫高等女学校で発生。同県内の患者数は約1カ月間で56万9960人に激増し、うち4399人が死亡した。

 〈暴風のごとき悪性感冒 各地を吹きまくりて勢ひしょうけつ 学校は運動会修学旅行中止〉(10月30日付・福岡日日新聞)

10月30日付・福岡日日新聞

 県当局が運動会や修学旅行を当分見合わせるように通知を出し、休校の状況や増え続ける生徒の患者数が連日報じられた。

 〈休校、休校 福岡市内外各学校続々おそわる/魔のごとまんえんする悪性感冒/郵便も電報も配達に大影響 福岡郵便局の患者続出/電車運転減数/炭鉱も休業〉(11月3日付・福岡日日新聞)

 学校にとどまらず、さまざまな分野で影響が拡大。経済にも深刻な影響が出始めた。この日の福岡日日新聞は〈全国各地方を襲いつつある流行性感冒はついに弊紙工場部をも襲い欠勤者多数にて本日の弊紙は八ページすのむなきに至れり〉というおわびを掲載している。

 〈悪性感冒なおすいしょくなく人身ようやく不安に傾く 谷口知事さらに予防告諭を発す〉(11月8日付・福岡日日新聞)

11月8日付・福岡日日新聞

 当時の谷口留五郎・福岡県知事が6日に予防のための注意喚起を発表。〈他人と談話をす時は四尺(1・2メートル)以上を隔て、または「マスケ」(マスク)を用い、自分ががいそう(せき)、噴嚔くしゃみを為すときは布片を以て鼻、口を覆うべし〉といった現代のせきエチケットに通じる内容や、〈宿屋汽車汽船等においおうおう伝染することもあるをもって本流行中はむを得ざる場合の外は可成なるべく旅行を見合わす様努むべし〉と“旅行自粛”も呼び掛けている。

 〈多人数集合の場所は毒伝播の危険多きをもって むを得ざる場合の外は立ち寄らざるを安全なりとす〉という“不要不急の集会の自粛”や〈患者なき家に於ても常に室内を清潔にし空気の流通を良くし布団寝衣等は毎日日光にさらすをとす〉という項目もある。

 発熱者の急増を受けてか、11月5日付の九州日報には〈流行悪性感冒で解熱剤や氷の高値〉という記事も。8日付の福岡日日紙面には〈夏の真っ盛りより氷の需要が多い〉とある。さらに9日付の九州日報は〈氷が毎日十八トンとける 一市五郡の家の需要に/料理待合旅館肉屋の冷蔵庫用の供給はことごとく中止〉と福岡都市圏の窮状を伝えていた。

11月9日付の九州日報

 この後も連日のように、各地で増え続ける患者や死者数が報告されていたが、11月中旬になると、記事が少しずつ減っていく。代わりに、11月11日に第1次大戦の停戦協定が発効し、出征していた日本兵の凱旋がいせんに沸く記事が増えていった。

 12月1日付の福岡日日新聞に〈感冒漸く減退 福岡県下の患者一時は六十万人に達す〉という小さな記事が載った後は、スペイン風邪の記事は徐々に見当たらなくなった。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ