手洗いと消毒どちらも必要? 感染予防、効果的なやり方は…

 新型コロナウイルスの感染予防策として、重要な手段である手洗い。アルコール消毒液を備える職場や家庭もある。手洗いと消毒、両方とも必要なの?

 福岡和白病院(福岡市東区)の感染管理認定看護師、崎田大輔さんは「手洗いかアルコール消毒、いずれかを行えばウイルスは十分除去できる」と言う。効果は同じであり、一度に繰り返す必要はない。

 崎田さんの場合、勤務中は場所や動線の問題で頻繁に手洗いができないため、アルコール消毒液を腰につけ、患者と接触する前後などに手を消毒する。「手洗いや消毒のやり過ぎは手荒れの原因にもなり、神経質になり過ぎなくてもよい。一般家庭の場合、帰宅後やトイレの後、食事や料理の前など、これまで通りのタイミングできちんと手洗いをすれば問題ない」と話す。その時、その場所に応じてどちらかを選べばいいというわけだ。

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR