佐賀、16日から公立校再開へ 県内感染者なく子どもへの影響考慮

西日本新聞 北島 剛 金子 晋輔

 佐賀県は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時休校している県立中学や高校、特別支援学校を16日に再開する方針を決めた。県内20市町も県の方針に沿って、市町立の小中学校を同日に再開する見通し。文部科学省によると、都道府県単位での学校再開の判断は全国初という。

 再開の理由として(1)自宅待機の長期化に伴う子どもの心身への影響を考慮した(2)県内では感染者が確認されておらず、九州の感染も散発的で拡大している状況にない-ことを挙げた。今後、県内で感染が確認されれば方針を修正する可能性がある。

 県立学校では給食を提供し、部活動も行う。ただ、春休みに入るまで、対外試合の自粛や練習時間の短縮など最小限の活動にとどめる。

 佐賀県では政府の要請を受け、3日から15日まで県立中高と特別支援学校を一斉休校とし、20市町も市町立小中学校を全て休校とした。山口祥義知事は記者団に「イベント自粛を延長する政府方針には個別に対応していくが、学校については現場の声を聞き、再開していい環境と考えた」と述べた。(北島剛、金子晋輔)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ