「生きていかなきゃ」踏ん張る歓楽街・中洲 新型コロナで客激減

西日本新聞 井崎 圭

 新型コロナウイルスの感染拡大が歓楽街の風景も変えている。企業の接待や会合の自粛、感染への警戒から客足が遠のき、「(2008年の)リーマン・ショック以上の災難」(関係者)との声も漏れる。九州一の歓楽街、中洲を歩いた。

 福岡市博多区の中洲の目抜き通り。クラブやスナックのネオンが煌々(こうこう)と輝く風景は変わらないが、週末を控えた金曜日の夜でも肩がぶつかるようなにぎわいはなく、すいすいと歩けてしまう。

 1958年から中洲で店を営み、今もカウンターに立つ「ニッカバー七島」の七島啓さん(88)は「雨も雪も降ってないのに、この静けさは異様」。過去、経済危機や大震災の自粛ムードで客足が遠のいた経験はある。「それでも『経済を回そう』と静かに飲む人がいた。今はそんな人も少ない」。

 2400軒ほどのクラブやスナック、風俗店がひしめく中洲。政府が不要不急の外出を控えるよう呼び掛けた2月中旬から、客足の減少が鮮明になったという。タクシー運転手の男性(56)は「人出は通常の半分以下。企業が接待や会合の自粛を社員に言い渡し、プライベートの飲み会も少なくなったようだ」

 客足減や感染拡大防止の観点から、臨時休業や週末のみの営業を決断する店も。休業を決めたキャバクラ店の店長(40)は「早めに開けたいが、人の戻りなどを見ないと」と話した。

 営業中のキャバクラ店は2月中旬から「フリー」と呼ばれる飛び込み客が半減、売上高に2~3割のマイナス影響が出る見通しという。「営業せずとも家賃は発生するが、客が来ない中で人件費の負担は大きい。経営者は家賃と人件費をてんびんにかけ苦しい判断をしている」と30代男性幹部。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ