首相、「丁寧な説明」演出に腐心 新型コロナで異例の土曜会見

西日本新聞 総合面 湯之前 八州 川口 安子

 腐心の演出が随所に見えた52分だった。改正新型インフルエンザ等対策特別措置法の施行に伴い、安倍晋三首相が14日に開いた記者会見。国民に丁寧に説明しつつ、見えない敵と立ち向かうリーダー像のアピールを狙い、「ワンチームで乗り越えたい」など情緒的な言葉を重ねた。特措法の定めに基づく私権制限への懸念などの質問に対しては、具体性に欠ける回答が目立った。

 冒頭、首相は約20分間演説した。「人口1万人当たりの感染者数は中国、韓国や欧州より少ない」と国内対策の成果を強調。追加の経済対策については「思い切った措置を講じる」としたが、詳細は「総力を挙げて練り上げる」と述べるにとどめた。

 続く質疑では、私権制限が可能となる特措法の緊急事態宣言の要件を問われたが、「慎重に行う」。記者からの「(ウイルス拡大抑止の)水際対策が遅れたのでは」との質問には、「適切に判断してきた」と声に力を込めて反論した。

 会見場が白熱したのは、首相が記者8人の質問に答えた約40分経過後だった。

 司会役の長谷川栄一首相補佐官が「会見を終わらせたい」とアナウンスすると、「まだ質問がある」と記者十数人が声を上げた。長谷川氏が「最後に1問だけ」と告げ、首相が1人に応答。その後も挙手が続くと首相は立ち去らず、長谷川氏に「まだいいんじゃないの」と促した。結局、追加で計4人に対応。国会で紛糾している検察官の定年延長問題を聞かれても、拒むことはなかった。

   ■    ■

 新型コロナウイルスでは、2月29日に続く首相会見。2週間に2度目となる頻度も、いずれも土曜日の開催となったのも「異例中の異例」(政権周辺)と言える。

 「桜を見る会」問題などではかたくなに会見を拒んできた首相だが、14日の会見は「時間に余裕があるから」と自ら開催を指示していた。「2月の前回会見で、質問を途中で打ち切ったことへの非難を拭い去りたいとの首相の強い思いがあった」と政権幹部は打ち明ける。

 今年に入ってからの政権の一連のウイルス対応に対し、「後手に回った」「唐突すぎる」との批判が寄せられる中、政権の要である麻生太郎副総理兼財務相も首相に電話し、「『トゥー・レイト』(遅すぎる)なのは良くない」「総理のリーダーシップを前面に出すべきだ」と促していた。

 迎えたこの日。官邸はあらかじめ予定時間を20分と短く通知しておいた上で、「大幅に時間を超えて対応」した構図を演出。首相が追加質問を受け付けるのも筋書き通りだった。公明党の斉藤鉄夫幹事長は「国民に安心を与えた」と評価。立憲民主党の福山哲郎幹事長は「不安に全く応えていない。混乱を大きくするばかりだ」と切り捨てた。 (湯之前八州、川口安子)

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ