新型コロナウイルスの…

西日本新聞 ふくおか都市圏版 横山 太郎

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、支局の取材エリアである朝倉地域でも催しの中止や延期が相次いでいる。朝倉市内で先月24日に計画されていた「中村哲医師をしのぶ会」も残念ながら延期となった▼会では同市の山田堰(ぜき)をモデルにした取水堰をアフガニスタンに整備してきた中村医師の功績をたたえる歌が披露される予定だった。作詞したのは山田堰を学ぶ地元の大福小児童たち。開催に合わせて準備を進めていた▼完成した歌詞には大干ばつで疲弊したアフガンの大地に「命の水」をよみがえらせようとした医師の姿と、その志を受け継ごうとする子どもたちの決意が刻まれている。会の開催日程はまだ決まっていないが、天国の中村医師にささげる児童の歌声が早く聞けることを願っている。 (横山太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ