ゲーム依存防止条例は必要?

西日本新聞

 子どもがコンピューターゲームを利用する時間を1日60分まで(目安)とする条例が18日、香川県で誕生しました。インターネットやゲームへの依存症を防ぐのが狙いで、4月1日に施行されます。

 条例では、ゲームは1日60分まで(学校の休業日は90分)、スマートフォン利用は中学生以下は午後9時まで(それ以外は同10時)を目安としたルールを子どもに守らせるよう、保護者の努力を求めています。こうした条例が必要だと思いますか? 目安は適正だと思いますか?

西日本新聞アプリ「みんなのモヤモヤ会議」でいろんなテーマを会議中!

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ