「漫画村」指示役の男に有罪判決 福岡地裁「重要な役割果たした」

西日本新聞 社会面 鶴 善行

 人気漫画をインターネット上に無断で公開した海賊版サイト「漫画村」(閉鎖)を巡り、著作権法違反罪に問われた住所不定、無職安達亙被告(38)の判決公判で、福岡地裁は18日、懲役1年10月、執行猶予3年、罰金100万円(求刑懲役3年、罰金300万円)を言い渡した。

 判決理由で蜷川省吾裁判官は、被告が共犯者に漫画のアップロードを指示したとして「主犯には及ばないものの重要な役割を果たした」と説明。著作権者らの収益構造が破壊され、文化の発展が阻害される恐れが大きい犯行だと指摘した。

 判決によると、安達被告は元運営者の星野路実被告(28)=同法違反罪などで公判中=らと共謀し2017年5月、人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」と「キングダム」の画像ファイルを不特定多数が閲覧できる状態にし、著作権などを侵害した。

(鶴善行)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ