新型コロナで内定取り消し 北九州市の2人

西日本新聞 内田 完爾

 北九州市は19日、今春就職予定だった市内在住の大学生と専門学校生の2人が、市外のサービス業の2社から新型コロナウイルス感染拡大の影響を理由に採用内定を取り消されたことを明らかにした。市は市内企業に年度内の追加採用を呼びかけている。

 市は先週から、市内の主要大学や市の就職相談窓口などに企業の内定取り消しがないか聞き取り調査を2回実施。市が開設している就職支援拠点「若者ワークプラザ北九州」などに2人から相談があったという。

 2人の内定取り消しを受け、市は運営する就職情報サイト「キタキュー就職ナビ」に登録する市内120社に求人情報の更新を呼び掛け、85社が2019年度内の追加採用の意思を示したという。

 感染拡大を受け、政府は日本商工会議所などの主要経済団体に今春就職予定の学生への内定取り消しを最大限の経営努力で回避するよう求めている。(内田完爾)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ